サーチエンジン1ページ:アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

サーチエンジン:サブページ

カテゴリー

サーチエンジン登録サイト一覧

 このページは、アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のサーチエンジンカテゴリ(1)ページです。サーチエンジン(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはサーチエンジン:2ページで表示しています。
この続きはサーチエンジン:2ページで表示しています。

 Googleが1998年に稼動させたGoogle検索は、従来の検索エンジンがポータルサイト化へと進む流れに逆行し、独創的な検索技術に特化し、バナー広告等を排除した簡素な画面と2000年にYahoo!のロボット型検索エンジンに採用されたことにより、急速に人気を集めた。いつしか[要検証 ノート]ウェブページ検索の世界シェアのトップに躍り出たとされている。英語圏ではあるフレーズ、たとえば「Wikipedia」をGoogleで検索することを“googleWikipedia”のように表現するほどになった。また、日本語においても「ウィキペディアを"ググる"、ウィキペディアでググる」という表現が生まれた。この状況に危機感を募らせたYahoo!は、2004年にロボット型検索エンジンを独自技術Yahoo!SearchTechnology(YST)(Yahoo!が買収したInktomiとAltaVista、Overture等の技術を統合した)に切り替えた。同年、GoogleやYahoo!のエンジンに匹敵すると言われるTeomaを利用した検索エンジン、AskJeeves(現・Ask.com)が「Ask.jp」として、2005年、オーストラリアで誕生したMooterが日本に進出し、検索サービスを開始した。「検索エンジン」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』 ( 2012年12月16日 (日) 01:35 )

このページの先頭へ