SEO対策・リンク集1ページ:アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

SEO対策・リンク集:サブページ

カテゴリー

SEO対策・リンク集登録サイト一覧

 このページは、アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のSEO対策・リンク集カテゴリ(1)ページです。SEO対策・リンク集(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはSEO対策・リンク集:2ページで表示しています。
この続きはSEO対策・リンク集:2ページで表示しています。

 検索エンジンがインデックス付けをするサイト数が増大するに従って、リンクファームの有用性は減っていった。5億ページのインデックス付けがなされるようになると、リンクファームはほとんど不要となった。インクトミの技術は現在ではYahoo!のものとなり、何十億ページものWebページが検索対象となっている。Google、Yahoo!、bing(MSN)、Askなどで、検索結果の上位に位置づけられる手段としては、リンクファームはいまだに利用価値があると考えるサイトも多い。今では、リンクファームという言葉は一種の軽蔑的響きを帯びている。相互リンク管理サービスの多くは、リソース管理と直接的ネットワーク関係構築にこそ価値があると主張している。相互リンク管理サービス業者は、検索エンジンの代替として彼らの事業がウェブサイトに訪問者を増やす手段になるとしている。こういった主張はほとんどまともに受け取られていないが、世界的に見てその市場はある程度確立されてきている。「リンクファーム」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』 ( 2011年10月26日 (水) 21:39 )

このページの先頭へ