エンタメ1ページ:アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5

登録サイト募集中


サイト情報

  • 本ページのGOOGLE PAGERANKは
  • GRATS SEARCH

エンタメ:サブページ

カテゴリー

エンタメ登録サイト一覧

 このページは、アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5のエンタメカテゴリ(1)ページです。エンタメ(1)ページに登録していただきまして誠にありがとうございます。登録サイト様のアクセスアップ・ページランクアップをお祈りしています。

 当サイトでは、登録サイト様リンク設置ページのグーグルページランク(Google PageRank)を参考に、発リンク数が少ない順等・独自の評価方法により掲載順を決めています。

 尚、アクセスアップ支援サイト EXECITY|相互リンクSEO-P-Link ver3.5は、当サイトの内容若しくは使用にかかわる一切の損害について責任を負うことが出来ません。

この続きはエンタメ:2ページで表示しています。
この続きはエンタメ:2ページで表示しています。

 映画産業は、アメリカでは「不況に強い」産業となっている。また、ビデオやDVDの普及、ファイル共有ソフトの隆盛が「映画産業を破滅に追い込む」といった考えは「誤った思い込み」であり、現実では観客動員数は減るどころか、逆に増えているという。こうした観客動員数の増加については、「大画面で見た方が楽しめる大作を作ることによって、観客の足を映画館へ運ばせている」との指摘がある。しかしながら、移民の増加によって人口が増え続けているアメリカで観客動員数が増えているからと言って、それが直ちに映画産業の好調を示すものではないことに留意する必要がある。映画産業も他の産業同様、全体として需給のバランスが崩れ始めれば衰退が始まる。需給バランスの客観的な指標としては、観客動員数や総興行収入や全国のスクリーン数ではなく、国民一人当たりの年間映画館利用回数を用いるべきだという指摘もある。「映画」出典:『ウィキペディア(Wikipedia)』( 2012年10月14日 (日) 04:18 )

このページの先頭へ